ゴミ屋敷とは

ゴミ屋敷を整理するという仕事。

ゴミ屋敷を生み出してしまう背景。

ゴミ屋敷と聞いて、イメージするのは、テレビでよく見る、家の外までゴミで埋もれた「ゴミ屋敷」。
偏屈な年配男性や片付けられない症候群(ADHD)の女性。しかしその存在は実は1%以下。99%は普通の人、退社時に「後は自分がやっておきますから」と一人残るような真面目な人こそゴミに悩んでいる場合が多いのです。
朝早くから遅くまで働き、コンビニ、スーパーで夕食を買い帰宅のパターン。
毎日買うレジ袋の中身がゴミとなって床上まで積もっている状態が続くとゴミ屋敷です。
ペットボトルや弁当などの包装容器をきれいに洗ったりして出すのは一苦労です。可燃物・不燃物の分別も面倒になり、でもちゃんと分別しようと思い、考えているうちにどんどんゴミがたまっていくことが多いのです。
%e3%82%b4%e3%83%9f%e5%b1%8b%e6%95%b7%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b801

また、高齢や病気、精神的な疾患によって、ゴミが溜まってしまうことも少なくありません。

プロの技術と経験でゴミ屋敷を整理します。

異臭や悪臭、害虫の発生により、近隣住民のクレームやトラブルにも発展する恐れもあります。また、孤立死や火災などの原因ともなります。早めの対処が必要です。

 

ご依頼者様の要望に沿えるよう作業をします。もちろんプライバシーの厳守いたします。もちろん隣近所にゴミ屋敷だとわからないような対応もできますので、ご相談ください。
ただ、ゴミを片付けるだけでは、根本的な解決はできません。
家主様の意識改革や、環境改革をして、身内や行政で見守ることが必要です。
私たちは、不用品を片付けた後、きれいな環境のよい部屋で暮らせるよう、希望によりハウスクリーニングやリフォーム。除菌、消臭作業をしております。

どんな現場でもおまかせ下さい。迅速に対応します。

何カ間、何年も、片付けをしていなくて部屋がゴミで埋まっている、生ごみが腐敗して異臭をはなっている、ペット臭、ハエ、ゴキブリ、ウジが発生している。どんな凄惨な現場であっても、私たちは覚悟をもって仕事をしています。
社長の小口が直接現場で陣頭指揮を執り、ご依頼者様の要望に応え、原状回復します。

また、現場が賃貸住宅で、ご家族や保証人がご依頼者様の場合、管理している不動産会社や大家さんに対し、汚れや臭いなど原状回復について、トラブルになるケースがございますので、
弊社がご依頼者様にかわり、ゴミ屋敷清掃の手順や作業の範囲、工事日数など、しっかりと打ち合わせをさせていただき、スムーズに返却できるよう協力しております。

もちろんご依頼者様や家主様のプライバシーは厳守し、近隣住民の方々にも迷惑をかけぬよう細心の注意を払い、作業させていただきますので、ご安心ください。

お気軽にお問い合わせください TEL .0800-123-4150 受付時間 8:00~22:00 [年中無休]

採用情報はこちら

報道現場「フェイス」に取材されました。

遺品整理士バナー
PAGETOP
Copyright © 遺品のGOEN All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.