整掃サービス

  • HOME »
  • 整掃サービス

整理+清掃除の造語である“整掃”は、
生前・生活支援整理として“住環境を整えるサービス”です。

整掃サービスとは

before after

作業が終わるとまるで命を吹き返したように、お家が輝き出します。
するとそのお家から「ありがとう」の声が聞こえて来るような気がします。
そして家主にもたくさんの「ありがとう」をいただけます。
その瞬間のために、私たちはみなさんのご要望ご期待に応えていきたいと思います。

生前整理

生前整理とは、お客様ご自身の、お荷物、思い出の品、子供に遺したい品、貴重品など生前に整理し、不用品は処分することです。残った遺族、友人、関係者に迷惑をかけたくないからということではなく、これから先、もっと楽しく、自由に生きて行けるよう身の回りのものを整理して身軽になりましょう。「エンディングノート※」を用意しておくと安心です。

※エンディングノート:遺書と違い法的効力の文章ではないが、自身が死亡したり、判断力、意思疎通能力の喪失を伴う病気にかかった場合、残された家族に相続、形見分け、葬儀、などの自分の意思を書き残すことができるノート

生活支援整理

生活支援整理とは、高齢や病気のため体の自由が利かず、孤立してしまい、ゴミが溜まったり、移動することもできず、家中糞尿まみれになってしまって困惑している高齢者など、そういった方々のサポートをすることです。

どこに頼んだらよいかわからない、また、年金で生活しているので高額な片付け代金は払えない、この状況が続けば、最悪の場合、孤立死してしまう…そういった方々に、遺品整理や特殊清掃、ゴミ屋敷整理の仕事で培ったノウハウを活かし、通常よりも低価格で原状回復し、安全で清潔な住環境で暮らせるようお手伝いさせていただきます。

整掃サービスに関するお悩み、ご相談にお答えします。

生前整理に関するお悩み、ご相談にお答えします。

亡くなった母の遺品の整理をしたいのですが、遺品整理を行う時期はいつがよいのですか?
故人様が賃貸マンションやアパートに暮らしていた場合は、早めに整理して部屋を引き渡さなければいけません。
故人様と離れて暮らしていた場合、何度も来るのは大変なので葬儀の次の日に遺品整理を済ましてしまう方もいます。また、悲しみが深く故人様を思うあまり、しばらく部屋をそのままにしている方もいます。このように、時期について私は、いつでも良いと思います。法的にも問題ありません。

しかし、兄弟 親戚 身内同士の揉め事を避けるため、事前に皆で形見分けなどを済ませたあとで処理することをお勧めします。

遺品整理を依頼した後の遺品の行方はどうなるのでしょうか?
弊社では基本的に、ご依頼者様と現地にて遺品の確認作業から行っています。

まず残して欲しい物や、貴重品(現金、通帳、貴金属、株券、権利書、保険証、年金手帳、郵便物、写真、思い出の品)などは最優先で仕分けし 整理します。
年式も新しくまだ使える物や、古美術品などリサイクル買い取りも行います。
ご希望により別途 遺品供養サービス も行います。

残された遺品はその場で分別し、行政の焼却処分場 もしくは産廃処分場に適正に運搬処分しています。
土日祝日以外は、早ければ 作業当日に焼却処理が可能ですからプライバシー保護にもなり安心です。

また、どうしても立ち会うことができないご依頼者様にも、メール、写真、電話などで対応します。
大切な遺品を指定の場所へ送るサービスもしていますので、お気軽にご相談ください。

遺品整理を依頼しました。作業当日までに何かしておくことはありますか?
A
大丈夫です。すべて私達にお任せください!

ただ、何を残すのか 取っておいて欲しいものなど、リストアップしておいていただけると作業がはかどります。

また、探してほしい物も事前に知らせていただけると助かります。

遺品整理を依頼しました。作業当日までに遺品を整理し、分別しておいたほうが良いですか?
お気遣い ありがとうございます。
お気持ちは嬉しいのですが、基本的になにもしなくても大丈夫です。

ご依頼先の市町村によってゴミの分別もそれぞれ異なるので、私達プロにお任せください。
リサイクル品、廃棄するものを分別し適正に処分します。

生活支援整理に関するお悩み、ご相談にお答えします。

亡くなった母の遺品の整理をしたいのですが、遺品整理を行う時期はいつがよいのですか?
故人様が賃貸マンションやアパートに暮らしていた場合は、早めに整理して部屋を引き渡さなければいけません。
故人様と離れて暮らしていた場合、何度も来るのは大変なので葬儀の次の日に遺品整理を済ましてしまう方もいます。また、悲しみが深く故人様を思うあまり、しばらく部屋をそのままにしている方もいます。このように、時期について私は、いつでも良いと思います。法的にも問題ありません。

しかし、兄弟 親戚 身内同士の揉め事を避けるため、事前に皆で形見分けなどを済ませたあとで処理することをお勧めします。

遺品整理を依頼した後の遺品の行方はどうなるのでしょうか?
弊社では基本的に、ご依頼者様と現地にて遺品の確認作業から行っています。

まず残して欲しい物や、貴重品(現金、通帳、貴金属、株券、権利書、保険証、年金手帳、郵便物、写真、思い出の品)などは最優先で仕分けし 整理します。
年式も新しくまだ使える物や、古美術品などリサイクル買い取りも行います。
ご希望により別途 遺品供養サービス も行います。

残された遺品はその場で分別し、行政の焼却処分場 もしくは産廃処分場に適正に運搬処分しています。
土日祝日以外は、早ければ 作業当日に焼却処理が可能ですからプライバシー保護にもなり安心です。

また、どうしても立ち会うことができないご依頼者様にも、メール、写真、電話などで対応します。
大切な遺品を指定の場所へ送るサービスもしていますので、お気軽にご相談ください。

遺品整理を依頼しました。作業当日までに何かしておくことはありますか?
A
大丈夫です。すべて私達にお任せください!

ただ、何を残すのか 取っておいて欲しいものなど、リストアップしておいていただけると作業がはかどります。

また、探してほしい物も事前に知らせていただけると助かります。

遺品整理を依頼しました。作業当日までに遺品を整理し、分別しておいたほうが良いですか?
お気遣い ありがとうございます。
お気持ちは嬉しいのですが、基本的になにもしなくても大丈夫です。

ご依頼先の市町村によってゴミの分別もそれぞれ異なるので、私達プロにお任せください。
リサイクル品、廃棄するものを分別し適正に処分します。

整掃サービスの実例

家財整理 不用品回収 白馬村 I様

間取り 戸建て
作業時間 2時間
作業人数 2人
作業オプション なし
料金 80.000円 (税別)
物量 2t車・・1台 軽トラ・・1台

白馬村にて、家財整理、不用品回収を行いました。I様が不用品をまとめて外に出しておいていただいたため、作業もスムーズに終わりました。

白馬村といえば、2014年の「長野県神城断層地震」があり、その後、倒壊した家も県道沿いに幾つもあって、現在は解体され、さみしくなってしまったなと感じました。
お客様には喜んでいただきました。ありがとうございました。

お気軽にお問い合わせください TEL .0800-123-4150 受付時間 8:00~22:00 [年中無休]

PAGETOP
Copyright © 遺品のGOEN All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.