整すれば、人生整う 整すれば、人生整う

「整掃サービス」のことなら
GOENにおまかせください

大切なもの、思い出の品、人は様々なものと共に暮らしています。
必要なものは、時代の移り変わりや生活の変化により変わっていきます。
ご遺品の整理を通じ、故人様との想い出を振り返りながら、不要になったものや、手放したいものを整え、お客様が快適な暮らしを、より良い人生を送られるためのお手伝いができれば…そんな想いで日々仕事をしています。

GOENの整掃サービスが選ばれる理由

01経験豊富なスタッフによる作業

整理+清掃の造語である“整掃”は、
生前・生活支援整理として“住環境を整えるサービス”です。

02心を込めた作業

作業が終わるとまるで命を吹き返したように、お家が輝き出します。
するとそのお家から「ありがとう」の声が聞こえて来るような気がします。
そして家主にもたくさんの「ありがとう」をいただけます。
その瞬間のために、私たちはみなさんのご要望ご期待に応えていきたいと思います。

03やってよかった「生前整理」

お客様ご自身の、お荷物、思い出の品、子供に遺したい品、貴重品など生前に整理し、不用品は処分することです。残った遺族、友人、関係者に迷惑をかけたくないからということではなく、これから先、もっと楽しく、自由に生きて行けるよう身の回りのものを整理して身軽になりましょう。「エンディングノート※」を用意しておくと安心です。
※エンディングノート:遺書と違い法的効力の文章ではないが、自身が死亡したり、判断力、意思疎通能力の喪失を伴う病気にかかった場合、残された家族に相続、形見分け、葬儀、などの自分の意思を書き残すことができるノート

04全力サポート「生活支援整理」

高齢や病気のため体の自由が利かず、孤立してしまい、ゴミが溜まったり、移動することもできず、家中糞尿まみれになってしまって困惑している高齢者など、そういった方々のサポートをすることです。どこに頼んだらよいかわからない、また、年金で生活しているので高額な片付け代金は払えない、この状況が続けば、最悪の場合、孤立死してしまう…そういった方々に、遺品整理や特殊清掃、ゴミ屋敷整理の仕事で培ったノウハウを活かし、通常よりも低価格で原状回復し、安全で清潔な住環境で暮らせるようお手伝いさせていただきます。

整掃サービスの流れ

STEP1

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせフォームまたは電話にてご連絡ください。折り返し、社長の小口よりご連絡させていただきます。現場の現状の確認や間取り、お客様の要望などをお伺いし、ご希望の日時にて、社長の小口が直接お見積りにお伺いします。

STEP2

ご提案・お見積り

整理作業を予定している現場にて、ご依頼者様のご要望や、予算に沿った作業ができるように打ち合わせをします。およそ30分~1時間位で、正確なお見積りをいたします。供養する品・形見分け品・残したい品をお教えください。お見積りの金額や作業内容にご納得していただけましたら、作業日と時間など決めます。

STEP3

作業日当日

ご近隣の挨拶回りを行い作業中の不便のご理解を頂きます。故人様の尊厳や ご遺族のお心を尊重し、一つ一つ大切に、傷付けないよう細心の注意を払いながら整理させていただきます 。

STEP4

お荷物の搬出

お荷物の搬出が終わりましたら、お部屋を簡易クリーニングさせていただきます。主に、天井や壁のほこり、すす払い、掃除機掛け、水廻りの清掃を心を込めて清掃します。

STEP5

作業終了後

お客様に、作業後のご確認をいただきます。お立ち会いのない場合など、メールや、写真を送付するなど、必要に応じてご対応させていただきます。尚、作業終了後に、現地にて現金払いもしくは、金融機関に現金にてお振込を頂いております。

STEP6

お客様とのご縁

このような流れで、心を込めて精一杯作業させていただきます。
弊社では、遺品整理作業だけではなく、お家のリフォーム工事から、解体工事、不動産売却など、お気軽にご相談ください。“弊社と良いご縁”の、各優良事業者をご紹介します。

行政の方へ

弊社、GOENでは日々の作業を通じ、整理させていただいた現場から、ご依頼者様の了解を得て、まだ使える家電品や家具、日用品など福祉活動のために倉庫にストックしております。生活支援の一環で現在は、長野市の包括支援センターを通じ高齢者、生活の困窮者の方に寄付させていただいております。ご希望の行政機関、また施設関係者の方はご一報ください。何かのお力添えが出来たらと考えております。
尚、現在は、申し訳ございませんが、一般の方にはお譲りしておりません。(弊社とご縁がありました方や、必要性があると判断した方は特例)

整掃サービスのよくある質問

今までお客様からいただいた整掃サービスに関するご相談をご紹介します。

Q.亡くなった母の遺品の整理をしたいのですが、遺品整理を行う時期はいつがよいのですか?

A.故人様が賃貸マンションやアパートに暮らしていた場合は、早めに整理して部屋を引き渡さなければいけません。
故人様と離れて暮らしていた場合、何度も来るのは大変なので葬儀の次の日に遺品整理を済ましてしまう方もいます。また、悲しみが深く故人様を思うあまり、しばらく部屋をそのままにしている方もいます。このように、時期について私は、いつでも良いと思います。法的にも問題ありません。
しかし、兄弟 親戚 身内同士の揉め事を避けるため、事前に皆で形見分けなどを済ませたあとで処理することをお勧めします。

Q.遺品整理を依頼した後の遺品の行方はどうなるのでしょうか?

A.弊社では基本的に、ご依頼者様と現地にて遺品の確認作業から行っています。
まず残して欲しい物や、貴重品(現金、通帳、貴金属、株券、権利書、保険証、年金手帳、郵便物、写真、思い出の品)などは最優先で仕分けし 整理します。
年式も新しくまだ使える物や、古美術品などリサイクル買い取りも行います。
ご希望により別途 遺品供養サービス も行います。

残された遺品はその場で分別し、行政の焼却処分場 もしくは産廃処分場に適正に運搬処分しています。
土日祝日以外は、早ければ 作業当日に焼却処理が可能ですからプライバシー保護にもなり安心です。

また、どうしても立ち会うことができないご依頼者様にも、メール、写真、電話などで対応します。
大切な遺品を指定の場所へ送るサービスもしていますので、お気軽にご相談ください。

整掃サービスの実例紹介

今までお客様からいただいた整掃サービスに関するご相談をご紹介します。

詳しくはこちら

TOPへ